タクトシステムズというシステムインテグレーターの実力

Ally of Business-TAKUTO SYSTEMS-
女性社員と男性社員

オフィスソフトの進化

電話をかける男性

タクトシステムズが取り扱える業務範囲として、マイクロソフト社のオフィスと呼ばれるソフトを更に使いこなせるような開発を行えるという点があることには間違いなく注目しておきたいところです。
システム構築を行うとすれば、一般的なイメージとしてゼロから開拓するようなイメージが有るはずです。しかしながら、タクトシステムズではそれを行うこともできる中で、あえてオフィスソフトを開発することも提案できます。
その理由として、マイクロソフト社のオフィスというソフトは一般人にとって最も身近なソフトともいえる普及度があることと、その機能を最大限活用できている人は少ないという点にあります。
最も身近なソフトとして、使った経験があること、現在進行形で使っていること、それは新たなシステムを構築した時に、その仕組みに慣れるのがスムーズだというメリットを生みます。
いくら業務を円滑化して向上したいと考えて新たな仕組みを開発しても、そのシステムが使いにくくては現場に定着するものにはなりません。
現場が使いこなせてやっとシステムの意味を成すため、現場の人間が使い慣れているソフトをベースにしてシステム開発を行うことはそれだけで価値を生みます。

タクトシステムズがオフィスソフトの力を引き出すことができる理由には、公式が認めたという最も信頼できる根拠があります。
マイクロソフト社が提唱する、ゴールドコンピーテンシーと呼ばれる実力の証明を取得していること、それこそがタクトシステムズの実力の証明です。
ゴールドコンピーテンシーの取得のためには、在籍する技術者に一定レベルの技能があることや、公式に認めても問題無いといえるレベルの制作実例の提出など、厳しいハードルが設定されています。
ですから、タクトシステムズがオフィスソフトの力を覚醒させられるということは、紛れも無い事実だといえます。

Page Top