タクトシステムズというシステムインテグレーターの実力

Ally of Business-TAKUTO SYSTEMS-
女性社員と男性社員

業務管理の仕組み

パソコンを操作する

タクトシステムズの取り扱っているERPパッケージと呼ばれる仕組みを導入することで、自社で行われている業務を散らかさずに的確な成果を出すことができるのが特徴です。
たとえば、製造の現場と営業の現場では、見ている数値が違います。製造の現場で営業のことについて質問がなされた時には営業に質問をすることが必要ですし、その逆ももちろん起こります。
つまり、情報が常に伝言ゲームになる状態に繋がる恐れがあり、業務の煩雑化を生むのが従来の現場に存在する問題です。
ですが、ERPパッケージを導入すれば、その情報をシステム上で一元管理できます。それによって、各部署の情報についてシステムを介して関係者全員で共有できます。
特に経営者にとっては重要な情報で、人員配置や予算配分といった、ビジネスに必要なリソースともいわれる「ヒト・モノ・カネ」を適材適所に分配する助けになります。
このERPパッケージは、たくさんのシステム提供者が販売しています。
同時に、タクトシステムズも提供している商品で、検討してみる価値は間違いなくあります。

タクトシステムズが提供しているERPパッケージの強みとして、稼働する環境が自由に選択できる点をまずは挙げられます。
ソフトウェアやアプリケーションの多くは、ひとつの端末や機器に対してそれぞれ導入されていることが必要でした。
その結果、例えば端末が変わればそのソフトウェアは利用できなくなりますし、インストールやライセンスの問題なども回避できません。
それに対して、クラウド型サービスを導入することでその環境は大きく変わります。端末や機器が変わっても、クラウド型サービスならオンライン上で提供されることから、いつでもどこでも利用できます。
タクトシステムズ製のERPパッケージは、この点でまず優位性があります。
それに加えて、タクトシステムズは提供しているシステムを細かな単位のサービスに分解して、必要な機能でシステムを構築できるように販売しています。
業種や企業によって違う必要な機能に対応できるきめ細やかさも、タクトシステムズが販売しているERPパッケージの特徴です。
必要な相手に必要なものを提案できるタクトシステムズだからこそ、融通の効くシステム構築が可能です。

Page Top